近況報告
Calendar
<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
Search this site.
Tags
Archives
Others
Admin

2020年05月 コンサルティング活動

✤《最近特に思う事-127:3M分析で進める改善活動》✤
 コロナ騒動で生産活動が停止してしまった生産ラインを、冷静に
 基本から診断・観測して最善の状態で生産開始しましょう!
 その為には3M(Man,Machine,Material)に注目すべきなのです。
◆工場では、物づくりを『人・設備・材料』という“会社の3大資産”
 =生産の3要素(3M=Man+Machine+Material)で行っている。
 そこで現場を改善改革する為には工程と作業の両面からアプローチ
 すべきですが、生産ラインの骨格である『工程』の見直しを最優先
 に改善を進める。工程が固まれば作業内容の改善改革としてTPM
 では『設備』からアプローチしますが、付加価値生産性向上を狙う
 場合には、『人と設備』からもアプローチします。
 この人・設備・材料の組合せ状態が市場ニーズに合っていて効率的
 なのか…? が最大のポイントです。
 ***❶:人(Man)***
 作業のムダの排除と作業速度、標準作業 を基本に裏打ちされた
 リズミカル作業で動作改善を推進する。
 ➽狙い=活人化でコスト削減+品質向上安定化+安全職場構築
 ***❷:設備(Machine)***
 定期定量的停止要因把握・分析による設備可動率改善&管理の確立
 ➽狙い=品質向上安定化+出荷納期キープ+設備の長寿命化
 ***❸:材料(Material)***
 部品加工と組立の繋ぎ、部品センター(倉庫)と組立ラインの繋ぎ、
 組立と梱包・出荷の繋ぎ、工程間流れ等、小ロッド対応のモノ・情報
 のトータルフロー改善を推進する。
 ➽狙い=リードタイム短縮+受注生産化+在庫削減
◆上記の改善活動を着実に&効果的に推進する為には、IE分析、TPS、
 TPM活動、6∑、等を正確に理解して根気良く推進すべきです。

✤✤✤✤✤✤✤✤✤《現在の生産変革活動支援》✤✤✤✤✤✤✤✤✤
◆【I社:電子部品製造会社】◆
4月中旬から新型コロナウィルスの関連で、止む無く訪社を中断中
でしたが、6月から活動支援を再開する予定です。
固定リンクコメント(0)トラックバック(0)

まずはお気軽に、ご相談下さい。 e-mail:shizuo@ie-shibata.com
Designed by GO GO ROCKETS