近況報告
Calendar
<< December 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
Search this site.
Tags
Archives
Others
Admin

2013年10月 コンサルティング活動

★★★《最近特に思う事-48:『重要経営課題を改善PJで解決』》★★★
その為には重要経営課題をブレークダウンして、改善PJ活動で成果を出せる
テーマ内容になるまで細分化すべきです。
適切な改善PJテーマかどうかの判断基準は三つ。
①改善PJテーマが重要経営課題にどう繋がっているのかが明確になっている。
②各改善PJテーマ間の違い(境界)が明確になっている。
③改善PJテーマは完了できない程に広範囲ではない。(ベストは3ヵ月間)
このように細分化していく事を、「CTQ Drill Down Tree」と言います。
***********************************************************

■■■《製造会社E様・・・兵庫県/食品製造業》■■■
競合会社に打ち勝つ【戦術】として、二つのアプローチで改善を進めます。
 ❶改善推進の両輪で『個別改善』=〈QCサークル〉+〈改善PJ〉
  ➽ボトムアップとトップダウンの二つの活動で、相乗効果による効果的・
   効率的活動を維持して、継続的な『個別改善』の成果を狙います。
 ❷基本的改善活動で『現場力向上』=〈TPM〉+〈5S〉+〈作業管理〉
  ➽戦わずして勝つ【戦略】や『個別改善』による差別化が不可能な場合
   でも『現場力向上』により勝ち残る事ができる。
   TPM・5S・作業管理 等のあるべき姿に近づける事で、人・設備・モノ・
   指標値・等、全ての「見える化」から『現場力向上』へと進化する。
【戦略】⇒経営者が責任を持って練り上げ、決断し、方向付けをします。
【戦術】⇒工場の義務として、CS(顧客満足)と企業利益を限りなく追求し、
      『個別改善』と『現場力向上』に向けた活動を活性化させます。
◎各所で凄い改善結果が出始めたので、順次紹介していきます。
******『成果が出始めた【戦術-13:クレーム削減】』******
設備改善、作業改善、段取改善、清掃効率化、…各種の改善活動を推進して、
工場内で成果(生産性・歩留・安全)を出せた職場の製品に於いては、販売後
のクレーム発生件数&率も着実に減ってきています。
当然、これらの成果を出せた職場は3S活動も熱心に進めてきて、胸を張って
お客様に見て頂けるようにもなって来ています。→「工場のショーウィンドー化」
当然、販売増加も期待している現在です。
************************************************************
固定リンクコメント(0)トラックバック(0)

2013年9月 コンサルティング活動

★★★《最近特に思う事-47:『全社員のベクトルを合わす』》★★★
経営者が「選択と集中」から決断した戦略を、具体的に練り上げた工場の
戦術(勝てる戦い方)で実現していきましょう!
目標のCS(顧客満足)と利益体質化の実現には、全社員が「金太郎飴」
になって改善改革を進める事が必要です。…=(ベクトルを合わす)
全社員が同じ思想・手法で正しい方向に進めば、徐々に大きな力となって
経営者の“思い”を具体的な形に積上げていく事ができます。***********************************************************

■■■《製造会社E様・・・兵庫県/食品製造業》■■■
競合会社に打ち勝つ【戦術】として、二つのアプローチで改善を進めます。
 ❶改善推進の両輪で『個別改善』=〈QCサークル〉+〈改善PJ〉
  ➽ボトムアップとトップダウンの二つの活動で、相乗効果による効果的・
   効率的活動を維持して、継続的な『個別改善』の成果を狙います。
 ❷基本的改善活動で『現場力向上』=〈TPM〉+〈5S〉+〈作業管理〉
  ➽戦わずして勝つ【戦略】や『個別改善』による差別化が不可能な場合
   でも『現場力向上』により勝ち残る事ができる。
   TPM・5S・作業管理 等のあるべき姿に近づける事で、人・設備・モノ・
   指標値・等、全ての「見える化」から『現場力向上』へと進化する。
【戦略】⇒経営者が責任を持って練り上げ、決断し、方向付けをします。
【戦術】⇒工場の義務として、CS(顧客満足)と企業利益を限りなく追求し、
      『個別改善』と『現場力向上』に向けた活動を活性化させます。
◎各所で凄い改善結果が出始めたので、順次紹介していきます。
******『成果が出始めた【戦術-12:3Sで工場ショールーム化】』******
工場ショールーム化の目的は、生産性向上/品質保証/安全に加えて、
「整理整頓がしっかり出来ている工場をお客様に見て頂き安心してもらう事
で商品を買って頂ける事を狙う拡販戦略」…なのです。
2012年5月から36職場を巡回採点してきて、現時点で14職場(39%)
が最低目標としている60点を超えました。
得点とお客様に与える印象は下記のように考えています。
  70点→お客様の記憶に残る3Sレベルの職場
  65点→お客様に感動を与えられる3Sレベル
  60点→お客様が不安にならない最低レベル
更なる3Sレベルアップを目指して全職場が活動中です。
************************************************************
固定リンクコメント(0)トラックバック(0)

2013年8月 コンサルティング活動

★★★《最近特に思う事-46:『勝ち抜く為に重要な企業文化』:❺》★★★
製造会社は、企業体質・技術・企業文化…を一流にすべく、活動の方向付け
と活性化を目指して動機付けをする責任と義務があります。
その中の企業文化(価値観/考え方/行動方式)は、経営戦略と同じ位に
重要であり、いくつかの重要課題解決を目指していく必要があります。
****************『重要課題と目指す姿-❺***********************
◆依頼した事も、担当・方法・完成の姿・納期 を確認!◆
 ⇒「あの人に頼んでいるのにやってくれない!」は責任逃れです。
依頼している事の遅れも依頼した人の責任が大きいので、遠慮しないで聞き
出してフォローもしっかりやりましょう!
フォローとは、納期、内容、問題の有無、などの全てに対する把握です。
責任を持って業務を推進される方は、他人・他部門に依頼した事の進捗状況
も常に気になる筈です。
***********************************************************

■■■《製造会社E様・・・兵庫県/食品製造業》■■■
競合会社に打ち勝つ【戦術】として、二つのアプローチで改善を進めます。
 ❶改善推進の両輪で『個別改善』=〈QCサークル〉+〈改善PJ〉
  ➽ボトムアップとトップダウンの二つの活動で、相乗効果による効果的・
   効率的活動を維持して、継続的な『個別改善』の成果を狙います。
 ❷基本的改善活動で『現場力向上』=〈TPM〉+〈5S〉+〈作業管理〉
  ➽戦わずして勝つ【戦略】や『個別改善』による差別化が不可能な場合
   でも『現場力向上』により勝ち残る事ができる。
   TPM・5S・作業管理 等のあるべき姿に近づける事で、人・設備・モノ・
   指標値・等、全ての「見える化」から『現場力向上』へと進化する。
【戦略】⇒経営者が責任を持って練り上げ、決断し、方向付けをします。
【戦術】⇒工場の義務として、CS(顧客満足)と企業利益を限りなく追求し、
      『個別改善』と『現場力向上』に向けた活動を活性化させます。
◎各所で凄い改善結果が出始めたので、順次紹介していきます。
******『成果が出始めた【戦術-12:3Sと設備改善で安定生産】』******
問題提起や色々な改善の必要性に真剣に取り組んで改善を進めてきた結果、
見違える職場に変身した職場があります。
…(言い訳無しの活動は、着実に改善が進んで後戻りもしない。)
管理監督者が意識・意欲を持って改善を進めなければ職場は変わりませんが、
この職場は3S活動と設備改善から切り込んで、職場とそこで働く社員さんの
意識も変えることが出来ました。
その成果として、苦情件数、苦情発生率ともに削減してきています。
************************************************************
固定リンクコメント(0)トラックバック(0)

2013年7月 コンサルティング活動

★★★《最近特に思う事-45:『勝ち抜く為に重要な企業文化』:❹》★★★
製造会社は、企業体質・技術・企業文化…を一流にすべく、活動の方向付け
と活性化を目指して動機付けをする責任と義務があります。
その中の企業文化(価値観/考え方/行動方式)は、経営戦略と同じ位に
重要であり、いくつかの重要課題解決を目指していく必要があります。
****************『重要課題と目指す姿-❹***********************
◆今、自分が出来る事を、出来る速さで推進しよう!◆
 ⇒何時やるの?…今でしょ! 当たり前でしょう!
「そんな事は出来ない」は言い訳で仕事の出来る人は方法を考えて実行する。
今自分が出来なければ、誰が、何時までに、どれ位まで出来るのか?…と、
自分の業務予定、職場全体の状況、優先順位とを比較・検討して答えます。
宣言したら「有言実行」するのが“仕事の出来る人”です。
出来ないという方は、その価値を知らないし、聞こうともしないで拒絶する。
ほとんどの方は、その価値が分ればやれる方法を考えて返答してくれます。***********************************************************

■■■《製造会社E様・・・兵庫県/食品製造業》■■■
競合会社に打ち勝つ【戦術】として、二つのアプローチで改善を進めます。
 ❶改善推進の両輪で『個別改善』=〈QCサークル〉+〈改善PJ〉
  ➽ボトムアップとトップダウンの二つの活動で、相乗効果による効果的・
   効率的活動を維持して、継続的な『個別改善』の成果を狙います。
 ❷基本的改善活動で『現場力向上』=〈TPM〉+〈5S〉+〈作業管理〉
  ➽戦わずして勝つ【戦略】や『個別改善』による差別化が不可能な場合
   でも『現場力向上』により勝ち残る事ができる。
   TPM・5S・作業管理 等のあるべき姿に近づける事で、人・設備・モノ・
   指標値・等、全ての「見える化」から『現場力向上』へと進化する。
【戦略】⇒経営者が責任を持って練り上げ、決断し、方向付けをします。
【戦術】⇒工場の義務として、CS(顧客満足)と企業利益を限りなく追求し、
      『個別改善』と『現場力向上』に向けた活動を活性化させます。
◎各所で凄い改善結果が出始めたので、順次紹介していきます。
**********『成果が出始めた【戦術-11:成果指標値の見える化】』******
生産に関する状況を把握できないようでは、“異常管理”が出来ないので、
異常時の対応を素早くできません。 これではロスが拡大してしまいます。
その為に、生産状況を数値で見易くしておく必要があります。(見える化)
又、改善後の成果状況が不明では改善方向が定まらず改善意欲もなくなる。
まだ一部だが、現有データーから労働生産性と材料歩留を数値で把握・整理
してグラフ化しました。
このような“生産状況の見える化”を多くの生産ラインに展開していく予定。
************************************************************
固定リンクコメント(0)トラックバック(0)

2013年6月 コンサルティング活動

★★★《最近特に思う事-44:『勝ち抜く為に重要な企業文化』:❸》★★★
製造会社は、企業体質・技術・企業文化…を一流にすべく、活動の方向付け
と活性化を目指して動機付けをする責任と義務があります。
その中の企業文化(価値観/考え方/行動方式)は、経営戦略と同じ位に
重要であり、いくつかの重要課題解決を目指していく必要があります。
****************『重要課題と目指す姿-❸***********************
◆作業者の未熟を嘆かずに教育・指導方法を考えよう!◆
①「こんな事も出来ないのか!」と嘆かずに教育・指導で早期戦力化を実現。
②「我々はこんな失敗をした事がない」と過去の事を言ったら良くならない。
③適正な教育・指導・訓練を実施すれば品質安定で作業速度も1.25倍化。
④作業速度には2倍の個人差があり、適正人員配置でバランス良く生産しよう。
⑤標準作業の順守でリズミカル作業が実現し、生産性・品質・安全性が最大化。
***********************************************************

■■■《製造会社E様・・・兵庫県/食品製造業》■■■
競合会社に打ち勝つ【戦術】として、二つのアプローチで改善を進めます。
 ❶改善推進の両輪で『個別改善』=〈QCサークル〉+〈改善PJ〉
  ➽ボトムアップとトップダウンの二つの活動で、相乗効果による効果的・
   効率的活動を維持して、継続的な『個別改善』の成果を狙います。
 ❷基本的改善活動で『現場力向上』=〈TPM〉+〈5S〉+〈作業管理〉
  ➽戦わずして勝つ【戦略】や『個別改善』による差別化が不可能な場合
   でも『現場力向上』により勝ち残る事ができる。
   TPM・5S・作業管理 等のあるべき姿に近づける事で、人・設備・モノ・
   指標値・等、全ての「見える化」から『現場力向上』へと進化する。
【戦略】⇒経営者が責任を持って練り上げ、決断し、方向付けをします。
【戦術】⇒工場の義務として、CS(顧客満足)と企業利益を限りなく追求し、
      『個別改善』と『現場力向上』に向けた活動を活性化させます。
◎各所で凄い改善結果が出始めたので、順次紹介していきます。
**********『成果が出始めた【戦術-10:3S活動の推進】』************
36職場を三ヶ月で一巡する計画で3Sの巡回・採点を進めていて、これまで
順調に得点が上がってきています。 全職場の平均得点推移は下記の通り。
(一巡:48)→(二順:51)→(三順:52)→(四順:54)→(五順:56)
100点満点のチェック表を用いて採点していますが、100点獲得を目標には
していません。 無理に100点獲得を目指せば逆にロスが出てきます。
65点を目標にしていて、現時点では36職場中8職場が達成しています。
《補足説明》
一般的に、5S活動は3S(整理・整頓・清掃)の向上維持を目指しています。
よって今回は3Sレベルの早期向上を狙っていて、高い3Sレベルを力づくで
維持できれば4S目(清潔)の完成で、意識せずとも高い3Sレベルを維持
出来れば5S目(躾)が完成出来ると考えて、3Sに注力しているのです。
************************************************************
固定リンクコメント(0)トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30

まずはお気軽に、ご相談下さい。 e-mail:shizuo@ie-shibata.com
Designed by GO GO ROCKETS